電着レジストそのもの

電着レジストで角の部分にも金属薄膜のパターンが施せる、というのは、

つまり角にもレジストがくっついてくれるからです。

この写真では、レジストが角をしっかりカバーしているのがわかります。

この後、カバーされていない部分の金属膜をエッチングします。
電着レジストがついてます。

テーマ : 商品情報
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

お知らせ係

Author:お知らせ係
フォトプレシジョンでの
試作結果報告です。
好奇心と探究心で
日々チャレンジしております。

最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
FC2カウンター